それぞれに適した冷凍保存法を学び、家事の効率化を考えよう

冷凍保存で確実に家事の効率が上がる!冷凍できる食材を一挙公開

>

毎日の夕飯づくりを楽にする為に

ひき肉は作り置きおかずで欠かせない

鶏ひき肉は、鶏そぼろを大量に作って小分けにしておくと色々な料理に活用できます。
冷蔵庫に余った野菜と一緒に炒めたりすればそれだけで一品出来ますし、そのままご飯にかけても美味しく食べられます。オムレツの具にもなるので使い勝手はとても良いと思います。塩コショウしてねぎのみじん切りなどと合わせてこねて成型しておけばつくねも簡単に出来ますし、豚挽き肉ならハンバーグも出来るので、作り置きおかずの定番ともいえるのではないでしょうか。そんなひき肉類は、調理している状態でもしていない状態でも小分けにしておく方が便利です。
ちなみに豚挽き肉なら肉みそが一番定番の作り置きおかずになります。うどんと合わせても良いですし、レタスに包んで食べるのも美味しそうですよね。

乾物を使った作り置きおかず

切り干し大根やひじき、高野豆腐などの乾物は、常備しておくと便利なものです。
定番のひじきの煮物や切り干し大根の煮物は小分けにして冷凍しておけばお弁当のおかずにもなるので重宝します。冷蔵保存でも2~3日は持ちますが、冷凍保存しておくと1か月は持つので週末や休日にまとめて作っておくとちょっと1品欲しい時に役立ちます。
切り干し大根などの乾物は、調理をしていない状態でも常備しておくと便利なおかずになります。炒め物にそのまま加えたり、春雨と合わせてサラダ風にしても良さそうですよね。高野豆腐はお肉代わりに使われることがあるくらい、食べ応えのある食べ物です。カレーの具にもなりますし、しょうゆやみりんと合わせて照焼き風に使うことも出来ます。フレンチトースト風に使うことも出来るので、本当に使い勝手も良く便利な乾物だと思います。


TOPへ戻る